ベルギーの9歳少年 来月に大学卒業 世界最年少記録

ベルギーの9歳少年 来月に大学卒業 世界最年少記録
k10012187981_201911230611_201911230617.mp4
8歳で大学に入学するなど驚異的なスピードで進学を続けているベルギーの9歳の天才少年が、これまでの世界の最年少記録を塗り替えて、来月、大学を卒業することになり、世界中を驚かせています。
ベルギーのローラン・シモンズくん(9)は4歳で小学校に入学し、8歳で大学に入学するなど、驚異的なスピードで進学を続けていて、電気工学を専攻しているオランダの大学で僅か9か月余りで学士課程をほぼ修了し、10歳と4か月だった世界の最年少記録を塗り替えて、来月、卒業する見込みとなりました。
ローランくんは、ふだんは飼っている犬と散歩したりテレビゲームで遊んだりすることが好きだということで、ローランくんの父親は「彼にとって、勉強は遊ぶことと全く同じで、特に勉強をする必要がない。親としては彼がやりたいこと、子どもらしくいることのバランスを保ってあげることが大切だ」と話しています。
ローランくんは将来、祖父母のように心臓疾患に苦しむ人々の力になりたいと、人工臓器の開発を目指して研究を続けていきたいということです。

すでに世界の名門大学から数多くの誘いが舞い込んでいて、今後、ローランくんの研究に世界から熱い視線が注がれることになりそうです。