子どもの貧困対策大綱案まとまる 新指標設定 相談体制充実など

子どもの貧困対策大綱案まとまる 新指標設定 相談体制充実など
k10012186351_201911220643_201911220648.mp4
子どもの貧困対策をめぐり、政府は、実態をより詳しく把握するため、公共料金を滞納した経験がある世帯の割合など、新たな指標を加えて分析し、改善に向けた施策に取り組むことなどを盛り込んだ大綱の案をまとめました。
政府は、平成26年に決定した「子供の貧困対策に関する大綱」を見直し、今年度中に新たな大綱を策定することにしていて、その案が明らかになりました。

それによりますと、子どもの貧困の実態をより詳しく把握するため、幅広い視点から分析する必要があるとして、子どもの貧困率などの従来の指標に加えて、新たに、食料や衣服に困った経験のある世帯の割合や、電気やガスなどの公共料金を滞納した経験がある世帯の割合など、生活に即した指標を設定するとしています。

そのうえで、改善に向けて、幼児教育の無償化や、低所得世帯を対象とした高等教育の無償化を着実に進めることや、妊娠・出産の段階から、子どもが学校を卒業して就職するまで切れ目なく支援できるよう、相談体制を充実させることなどが盛り込まれています。

政府は、この案をもとに与党側に意見を求め、来週にも新たな大綱を閣議決定することにしています。