お茶の水女子大附属中 教諭が体罰 生徒がろっ骨折るけが

お茶の水女子大附属中 教諭が体罰 生徒がろっ骨折るけが
k10012185181_201911211230_201911211230.mp4
東京 文京区のお茶の水女子大学附属中学校で、教諭が生徒に体罰を加え、ろっ骨を折るけがをさせていたことが学校などへの取材で分かりました。相談を受けた警視庁は、傷害の疑いもあるとみて任意で関係者から話を聞いているということです。
お茶の水女子大学などによりますと、東京 文京区にある附属中学校で、ことし9月、放課後の生徒指導中に30代の男性教諭が2年生の男子生徒に足で蹴る体罰を加え、ろっ骨を折るけがをさせたということです。

学校では体罰を把握したあと、生徒と保護者に謝罪するとともに、臨時の保護者説明会を開き、当時の状況を説明したということです。

教諭は現在、自宅で待機しています。

学校側から相談を受けた警視庁は傷害の疑いもあるとみて、任意で関係者から話を聞いているということです。

お茶の水女子大学は「不適切な行為があったことは把握しているが、警察に話をしていて、これ以上の詳細は控えたい」としています。

お茶の水女子大学附属中学校には秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが1年生として通学されています。