北朝鮮次官「米朝会談に関心持てず」ロシア接近で揺さぶりか

北朝鮮次官「米朝会談に関心持てず」ロシア接近で揺さぶりか
米朝協議が停滞する中、北朝鮮とロシアの外務次官級の戦略対話が初めて行われ、協議のあと、北朝鮮のチェ・ソニ第1外務次官は「われわれはアメリカとの首脳会談に関心を持てない」と述べ、米朝の首脳会談に否定的な姿勢を改めて示しました。
北朝鮮外務省でアメリカとの交渉を担当するチェ・ソニ第1次官は20日、モスクワで、北朝鮮とロシアの間では初めてとなる外務次官級の戦略対話に臨み、チトフ第1次官と意見を交わしました。

チェ第1次官は会談のあと記者団に対し「ロシアとの戦略的パートナーシップ関係をより高いレベルに引き上げる」と述べ、ロシアに接近する姿勢を強調しました。

チェ第1次官は続いてラブロフ外相とも会談し、朝鮮半島や北東アジアの情勢について協議したということです。

一連の会談を終えたチェ第1次官は記者団に対し「アメリカが今後も、北朝鮮に対する敵視政策を続けるのであれば、われわれはアメリカとの首脳会談に関心を持てない」と述べ、首脳会談に否定的な姿勢を改めて示しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長とロシアのプーチン大統領がことし4月、初めての首脳会談を行ったあと、両国の間では政府高官や議会関係者の交流が活発化していて、北朝鮮としてはロシアに接近することで、トランプ政権に揺さぶりをかけるねらいがあるものとみられます。