文科相 「大学入学共通テスト」採点の委託業者に厳重抗議へ

文科相 「大学入学共通テスト」採点の委託業者に厳重抗議へ
おととし「大学入学共通テスト」の課題を探る「プレテスト」が行われた際、採点を委託された業者が、みずから採点業者であることをうたって、自社の模試などを宣伝する資料を、高校の教諭に配布していたことがわかり、萩生田文部科学大臣は厳重に抗議する考えを示しました。
再来年1月から始まる「大学入学共通テスト」で、初めて導入される記述式問題の採点は、ベネッセの関連会社に委託されることになっていて、ベネッセはおととし文部科学省が行った「プレテスト」の記述式問題の採点関連業務も担当しました。

20日の衆議院文部科学委員会で、国民民主党の城井崇議員は、ベネッセが、その当時行った首都圏の高校の教諭向けの研究会で、みずから採点業者であることをうたって、自社の模試などを宣伝する資料を配布していたと指摘しました。

これについて、萩生田文部科学大臣は「ベネッセに確認したところ、資料の配付は事実であることが確認できた。学校現場に、このような資料を配布することは、記述式問題の採点業務の中立性、信頼性に疑念を招くものであり厳重に抗議し、是正を促していきたい」と述べました。