「はやぶさ2」メインエンジン起動 1年後に地球へ

「はやぶさ2」メインエンジン起動 1年後に地球へ
地球に向けて小惑星を出発した日本の探査機「はやぶさ2」は、およそ1年半ぶりにメインエンジンを起動させ、試験運転を始めました。
日本の探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」の岩石を採取するため2度の着陸に成功するなど、およそ1年半にわたる探査を終え今月13日、地球に向けて小惑星を出発しました。

JAXA=宇宙航空研究開発機構は20日、メインエンジンであるイオンエンジンを起動し、試験運転を始めたと発表しました。

イオンエンジンを起動するのは去年6月以来、およそ1年半ぶりで、来月2日までの13日間の試験期間を設けて4台のイオンエンジンが正常に作動するか確認することになっています。

そして来月3日以降に、イオンエンジンを使って本格的に地球に向けて飛行を始め、来年の11月から12月に「リュウグウ」の岩石の破片が入ったと見られるカプセルを分離して、オーストラリアの砂漠地帯に落下させることになっています。