安倍首相在任 歴代最長に並ぶ 野党から厳しい評価

安倍首相在任 歴代最長に並ぶ 野党から厳しい評価
安倍総理大臣の在任期間が歴代最長に並んだことについて野党各党からの発言です。

立民 福山幹事長「安倍政権は『散りごろ』」

立憲民主党の福山幹事長は国会内で記者団に対し「レガシーも成果もない長期政権であり、国会の行政監視機能を壊し、国民生活は豊かにならず分断が広がっている。野党の力不足が長期政権の原因で、力不足を悔しく思う」と述べました。

その一方で福山氏は「『桜を見る会』についての全容解明が第一で、安倍政権はそろそろ『散りごろ』だ。衆議院の解散も近いという前提で準備を進めていく」と述べました。

国民 原口国対委員長「とんでもない政治空白」

国民民主党の原口国会対策委員長は記者会見で「ひと言で言うと『身内内閣』、『えこひいき内閣』、『私物化内閣』だ。とんでもない政治空白となっていて、今の経済や地域のさんたんたる状況にそれが現れている。一刻も早くこの政権を打倒するために、団結して対じしていきたい」と述べました。

共産 小池書記局長「史上最悪の内閣」

共産党の小池書記局長は国会内で記者団に対し、「これほど祝祭感のない歴代最長はない。2度にわたる消費税の増税や、安倍総理大臣が先頭に立ってのモラルハザードなど、『史上最悪の内閣』だ。政権が続いた理由は、安倍政権が論戦から逃げてきただけでなく、野党が新しい政権の姿を示せていない責任も大きい。一刻も早く安倍政権を終わらせるために力を尽くしたい」と述べました。