東京五輪・パラ メダリストの合同パレード実施の見通し

東京五輪・パラ メダリストの合同パレード実施の見通し
東京オリンピックとパラリンピックの終了後、両大会のメダリストを集めた合同パレードが前回のリオデジャネイロ大会に続いて行われる見通しであることがわかりました。
2016年のリオデジャネイロオリンピックとパラリンピックでは、大会終了後の10月、東京大会への機運醸成を目的に、初めて両大会のメダリストが合同で東京 銀座の街をパレードしました。

関係者によりますとJOC=日本オリンピック委員会とJPC=日本パラリンピック委員会は、来年の東京大会でも同様に、両大会のメダリストを集めたパレードを行う方向で日程やルートなどの調整を進めているということです。

リオデジャネイロ大会のあとのパレードには、ロンドンオリンピックのあとに行われたパレードのおよそ50万人を大幅に上回るおよそ80万人が詰めかけ、沿道から選手たちを祝福しました。