「覆面禁止」は基本法違反 香港の裁判所が判断示す

「覆面禁止」は基本法違反 香港の裁判所が判断示す
香港の高等裁判所は18日、香港政府が先月定めた抗議活動の際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する規則について、香港の憲法にあたる「基本法」に違反するという判断を示しました。これを受けて警察は「規則の執行を一時停止する」と明らかにしました。
香港政府は先月、議会の承認を経ずに行政長官の判断でさまざまな規則を設けることができる「緊急状況規則条例」を発動し、抗議活動の際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する規則を設けました。

この規則について、議会にあたる立法会の民主派の議員24人が「香港の憲法にあたる基本法に違反し、無効だ」と訴えていました。

これについて香港の高等裁判所は18日、「規則の根拠となった条例は、公共の安全が脅かされる際に規則を作ることができるとしているが、基本法では行政長官にそこまでの権限を与えておらず、基本法に反する」と指摘したうえで、規則は市民の権利を必要以上に制限しているとして、訴えを認める判断を示しました。

これを受けて警察は18日の会見で「現時点から規則の執行を一時停止する」と明らかにしました。

裁判所の判断について民主派議員らが会見し「今回の判決で規則は無効になった。上訴することは社会の矛盾の解決にはならず、政府は目を覚ましてほしい」と述べました。

香港政府は上訴するとみられますが、抗議活動の取締りを強める政府側にとっては逆風となりそうです。

この規則をめぐっては、先月5日に施行されたあと、立法会でも審議が行われています。