抗議活動続く香港 立てこもる若者排除へ警察が大学に突入

抗議活動続く香港 立てこもる若者排除へ警察が大学に突入
k10012181211_201911180908_201911180912.mp4
抗議活動が続く香港で若者たちが大学に立てこもり、警察との衝突が続いていましたが地元メディアは18日朝、警察が大学に突入したと伝えました。これに対して若者たちは火を放つなどして抵抗し、17日夜から18日朝にかけて断続的に衝突が続いています。
香港の九龍半島と香港島を結ぶ海底トンネルに近い香港理工大学では、17日、一部の若者たちが周辺の道路でレンガなどの障害物を置いてふさいだほか、大学内に立てこもりました。

大学内には一時、1000人近い若者たちがいたと見られ、警察官に向けて火炎びんを投げたり、弓矢を放ったりして過激な行為が続きました。

これに対し、警察は大学を取り囲み、放水車や催涙弾を使って排除にのりだしたほか、17日夜遅く、「危険な攻撃をやめなければ実弾の使用も含む武力を使う」として大学内から出てくるよう警告し、カトリックの神父や議会にあたる立法会の議員らが警察に強硬手段に出ないよう呼びかけました。

そして、地元メディアによりますと日本時間の午前6時半すぎ、警察が大学に突入したと伝えました。これに対して若者たちは火を放つなどして抵抗し、警察はいったんキャンパスの外に後退したということで、17日夜から18日朝にかけて断続的に衝突が続いています。

映像からは一時、敷地内から火の手があがっているのが確認できましたが、けが人がいるかどうかなど詳しい状況はわかっていません。
香港では先週、複数の大学で若者たちが周辺の道路をふさいで警察との衝突が相次いだほか、理工大学では、立てこもりが続き緊張が高まっていました。