卓球 伊藤美誠 中国選手破りツアー優勝

卓球 伊藤美誠 中国選手破りツアー優勝
東京オリンピックの代表入りが確実となった卓球の伊藤美誠選手が17日、オーストリアで開かれた国際大会の女子シングルス決勝で、中国選手を破って優勝しました。
伊藤選手は今回のワールドツアーオーストリアオープンで、準決勝進出を決めたことから、東京オリンピック、シングルス代表の選考基準である来年1月の世界ランキングで日本選手の上位2人以内に入ることが確定し、代表入りが確実となっています。

準決勝を勝ち上がり迎えた決勝では、世界4位で中国の朱雨玲選手と対戦しました。

伊藤選手はゲームカウント1対1の第3ゲームを勝負どころで厳しいコースに打ち込み11対7で奪うと、第4ゲームは終盤まで競り合いとなりましたが、11対11の場面でラケットを巧みに操って相手のミスを誘いゲームポイントを握ると、最後はサービスエースを奪って13対11でとりました。

続く第5ゲームも12対10と接戦を制した伊藤選手はゲームカウント4対1で勝って優勝しました。

卓球のワールドツアーは今大会で来月のグランドファイナルを除いてことしの12大会すべてが終わり、女子シングルスはここまで中国勢が優勝を独占していましたが、伊藤選手がことし4回目の決勝で初めて優勝を果たしました。

伊藤選手は「ラリーが続き、どう1本を取るのかをすごく考えた。たくさんの方に応援してもらいパワーになった」と笑顔で話していました。