立民 枝野代表 収支報告書不記載は脱法行為

立民 枝野代表 収支報告書不記載は脱法行為
「桜を見る会」をめぐり、安倍総理大臣が前日夜の懇親会を含め、事務所の収入や支出はなく、政治資金収支報告書に記載する義務はないと説明していることについて、立憲民主党の枝野代表は「明確な脱法行為だ」と述べ、予算委員会での説明を求めていく考えを示しました。
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍総理大臣は15日、会の前日夜に開催された懇親会を含め、すべての費用は参加者の自己負担で、みずからの事務所や後援会の収入や支出はなく、政治資金収支報告書に記載する義務はなく、政治資金規正法違反にはあたらないと説明しました。

これについて、立憲民主党の枝野代表は東京都内で記者団に対し、「安倍事務所として募集、受け付けし、『前夜祭』も事務所がお金を集めている。これが政治活動でないとしたら、第三者にお金を直接渡す形式さえ取れば、政治資金収支報告書に載せなくてもいいということになる。明確な脱法行為だ」と批判しました。

そのうえで、「安倍総理大臣には納得できる説明をしてもらわなくてはいけない。国会議員として、総理大臣としての適格性が問われている問題について説明する場は国会以外にない」と述べ、予算委員会での説明を求めていく考えを示しました。

枝野代表は、これに先立つ党の会合での講演で、「衆議院を解散せざるをえないくらいまでに追い詰めていかないといけない」と述べ、この問題を追及していく姿勢を強調しました。