サッカー男子 東京五輪世代代表 コロンビア代表に敗れる

サッカー男子 東京五輪世代代表 コロンビア代表に敗れる
サッカー男子の東京オリンピック世代の日本代表は17日、広島市で同じ年代のコロンビア代表と強化試合を行い、0対2で敗れました。
来年の東京オリンピックで金メダル獲得を目指す22歳以下の日本代表は17日、広島市で、森保一監督が就任してから国内で初めてとなる強化試合に臨み、同じ年代のコロンビア代表と対戦しました。

日本は、年齢制限のない代表でも活躍する久保建英選手や堂安律選手が先発し、攻撃を組み立てましたが、前半は得点を奪えず0対0で折り返しました。

そして後半2分にペナルティーエリア内の混戦からシュートを決められて先制されると、14分にはカウンター攻撃から追加点を奪われ、2点を追う展開となりました。

日本は終盤、途中出場の小川航基選手が堂安選手から正確な長い縦パスを受けて、ゴールキーパーと1対1となる場面を作りましたが、シュートはゴールポストにあたって得点できませんでした。

日本は、最後まで得点を奪えないまま0対2で敗れ、攻守両面に課題を残しました。

五輪世代連携もの足りず 無得点で敗れる

年齢制限のない代表でも活躍し、チームの核になることが期待されている久保建英選手や堂安律選手が存在感を示した一方、連係面などはもの足りず、本番までの限られた機会でどう改善していくかが課題です。

森保一監督が東京オリンピック世代の日本代表の指揮を執り始めてから国内で初めて行われた今回の強化試合と合宿には、年齢制限のない代表でも活躍している久保選手と堂安選手が加わり、チームがどう活性化するか注目されました。

2人は練習から早いタイミングで鋭いパスを送るなど、レベルの高さを見せる一方、ほかの選手とも積極的にコミュニケ-ションを取り、堂安選手は「今の目標は東京オリンピックで金メダルを取ることで、そういうプレーをピッチで見せたい」と意気込んでいました。

17日の試合で2人が任されたのがフォワードのすぐ後ろで、時折ポジションを入れ替えながら持ち味のドリブルやパスで攻撃を組み立てました。

しかし、なかなかゴールにつながらず、後半はコロンビアに先に2点を奪われる苦しい展開となりました。

終盤には堂安選手から正確な縦パスで途中から出場したフォワードの小川航基選手につなぐ決定的な場面が生まれましたが、ここもシュートがポストに当たって得点に至りませんでした。

2人が存在感を示す一方で、周りの選手との連係ではもの足りなさが残る試合となりました。

また、コロンビアの選手に対して球際で負けている場面も多く見られ、堂安選手は「意識しだいで変えられる部分なのでもったいない」と気にしていました。

森保監督は今後のチームづくりについて「できるだけ年齢制限のない日本代表で活躍できる力を持った選手がオリンピックに出て行くことを目指しながらやっていきたい」と話し、東京オリンピックで金メダルを目指すうえで久保選手と堂安選手がチームの核になることを示唆しています。

しかし、東京オリンピックまでは残り8か月しかなく、2人のように海外のクラブに所属するトップ選手を制限なく代表チームに呼べる機会も限られています。

浮かび上がった課題を克服し、チームの完成度を上げていくためには練習内容の濃度を高めていくとともにそうした機会をいかに多くつくるかサッカー協会の戦略も重要です。