松本零士さん快方へ 病院側「意識戻った」 数日間病院で安静に

松本零士さん快方へ 病院側「意識戻った」 数日間病院で安静に
k10012180301_201911170738_201911170739.mp4
イタリアで体調を崩した漫画家の松本零士さんについて、治療に当たっている病院は、快方に向かっており、意識も戻ったと明らかにしました。松本さんは今後数日間、病院で安静にするということです。
「銀河鉄道999」などの作品で知られる漫画家の松本零士さんは15日夜、イタリア北部のトリノで映画の上映会に出席していたところ体調を崩し、病院に運ばれました。

松本さんが運ばれた病院は16日、NHKの取材に対し、松本さんが集中治療室で治療を受けた結果快方に向かっており、現在は意識も戻ったと明らかにしました。

具体的な症状は明らかにしませんでしたが、地元のメディアが伝えていた脳卒中ではないとしていて、松本さんは今後、数日間、病院で安静にするということです。

81歳の松本さんは、みずからの作品「宇宙海賊キャプテンハーロック」のアニメ放送がイタリアで始まってから40周年を記念したイベントに合わせてトリノを訪れていました。

当時は、現地のファンと交流するため「銀河鉄道999」の上映会に参加していたということで、松本さんが病院に運ばれたというニュースが伝えられると、SNS上では松本さんの容体を心配する声や回復を祈る声が寄せられていました。