セブン‐イレブン 加盟店オーナーに無断発注 社員2人懲戒処分

セブン‐イレブン 加盟店オーナーに無断発注 社員2人懲戒処分
コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンは、加盟店の経営の相談にあたる本部の社員が、加盟店のオーナーに無断で商品を発注する事案がことし2件見つかり、本部の社員2人を懲戒処分にしたことを明らかにしました。
セブン‐イレブン・ジャパンによりますと、加盟店の経営の相談にあたる本部の社員が、加盟店のオーナーに無断で商品を発注するケースがことし2件見つかったということです。

無断で商品を発注することはオーナーの経営の独立性を脅かすことにつながり、会社の就業規則で認められておらず、セブン‐イレブン・ジャパンは無断で発注した本部の社員2人を懲戒処分にしたということです。

懲戒処分の内容については明らかにしていません。
セブン‐イレブン・ジャパンの永松文彦社長は15日開かれた国の有識者検討会のあと「社員には店の売り上げを伸ばさないといけないという数字に対するプレッシャーがあったと思っている。こうした事案は過去にもあったと聞いていて、社内の風土を全体的に見直さなければならない」と述べ、加盟店の相談にあたる社員の人事評価の在り方を、見直す考えを示しました。