扉付きベビーベッドで赤ちゃん死亡 消費者庁など注意呼びかけ

扉付きベビーベッドで赤ちゃん死亡 消費者庁など注意呼びかけ
k10012178851_201911151646_201911151658.mp4
下に収納のための扉がついた木製のベビーベッドで、扉の金具が外れて赤ちゃんが木枠の間に挟まれ、死亡するなどの事故が相次いだとして、消費者庁などが注意を呼びかけています。
消費者庁によりますと、事故が起きたのは木製の柵の下の部分に収納用の扉がついたベビーベッドで、ことし6月に、開いた扉から滑り落ちたとみられる生後8か月の赤ちゃんが、木枠に頭を挟まれて死亡したほか、9月にも生後9か月の赤ちゃんが重症となる事故があったということです。
国民生活センターが同じタイプのベビーベッドを調査したところ、扉を閉めた際にロック用の金具が正しく固定されない場合があり、赤ちゃんの寝返りなどで開いてしまうケースがあったということです。
その時、ベッドの高さを低い位置にしていると、開いた扉から赤ちゃんの体が滑り落ちて頭が挟まるおそれがあることが分かりました。
ベビーベッドの主な安全基準では扉の固定方法などについて特に決められておらず、同じタイプの製品の場合、安全基準を満たしていても注意が必要だということです。
消費者庁などは、扉を閉めた際には手で扉を揺らすなどして固定されているかを確認することや、ピンが壊れている場合はすぐに使うのをやめることなど注意を呼びかけています。

消費者庁・消費者安全課の鮎澤良史課長は「重大な事故が2件相次いだため注意を呼びかけた。扉がついたベビーベッドでは扉の固定を確認することを習慣にしてもらいたい」と話しています。