横田めぐみさん 拉致から42年 母親の早紀江さんが心境語る

横田めぐみさん 拉致から42年 母親の早紀江さんが心境語る
k10012178011_201911150729_201911150730.mp4
中学1年生だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから、15日で42年になります。母親の早紀江さんがNHKのインタビューに応じ、「一刻も早く、家族が元気な間に子どもたちを取り返してほしい」と話し、肉親との再会を強く求めました。
横田めぐみさんは、昭和52年11月15日、新潟市の中学校から帰る途中、北朝鮮に拉致されました。

当時13歳だっためぐみさんは、先月、55歳の誕生日を迎えました。

母親の早紀江さん(83)は、拉致から42年がたつことについて、「日本の国家が何をしているんですかという気持ちです。家族はずっと変わらず、一瞬一瞬、つらい思いをして、それを抑えながら、倒れないように、泣かないようにして元気を出していかなきゃと、そういう思いでいます」と心境を語りました。

14日に87歳になった父親の滋さんは、去年から入院生活が続いていますが、めぐみさんの写真を毎日見ているということで、早紀江さんは、「めぐみの弟の哲也が『めぐみちゃんも頑張っているから、待っていてあげなきゃだめだよ』と言うと、『分かっている』と話しています。一刻も早く、元気な間に子どもたちを取り返してほしい」と話し、肉親との再会を強く求めました。

そのうえで、「キム・ジョンウン(金正恩)氏の心ひとつで、あちらの国にも平和が訪れると思います。被害者を返すことで大きな喜びが沸き、『いろんなことはあったけれど、会わせてくれて本当にありがとう』と、北朝鮮に心からの支援がいくような、みんなが幸せになる交渉が進んでほしい」と話し、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長に、すべての被害者を帰国させる決断を求めました。

そして最後に、北朝鮮にいるめぐみさんについて、「家族みんなで頑張っているから、あなたも頑張ってね、ということばしかありません。いつかなんとかなるかもしれないと思って頑張っているんでしょうね。めぐみも、ものすごい42年だったと感じているでしょうし、本当に酷なことです。もうちょっとだからねって、健康にだけは気をつけてねって言いたいです」と話していました。

蓮池薫さん めぐみさんの当時の様子明かす

北朝鮮に拉致され17年前に帰国を果たした蓮池薫さんは、平成6年までの一時期ピョンヤン市内の横田めぐみさんと同じ地区で生活していました。

蓮池さんはNHKのインタビューに応じ、当時のめぐみさんの様子や思い出を明かしました。

めぐみさんと交流があった蓮池さんは、「めぐみさんは日本について地理や歴史、国家体制など、いろんなことを一生懸命勉強していました。私が翻訳の仕事をしていたため、資料がめぐみさんの目に触れ、めぐみさんがそれを切り取ってスクラップしていたこともありました。北朝鮮の検閲済みの資料なので大きな問題にはなりませんが、日本の豆知識や、天皇陛下の写真にも関心を持ち切り抜きを持っていました。いつかは日本に帰るんだという思いが非常に強かったです」と語りました。

めぐみさんの安否を巡っては、北朝鮮は「自殺した」と説明していますが、平成16年の日朝実務者協議の際に「めぐみさんのものだ」として出してきた遺骨から別人のDNAが検出されるなど、その説明には矛盾や誤りがあることがわかっています。

蓮池さんは「日本への思いが非常に強い中で北朝鮮が言うように、みずから命を絶つということは考えられません。北朝鮮では、かぎつけるメディアもなければ暴露する人もいないし、被害者を隠して生存、維持させることは簡単です。情緒的、感情的な問題ではなく、家族たちは、科学的根拠に基づいた生存を信じていますし、それに基づいて救出したいと言っているわけです」と話しました。

そのうえで「被害者がどういう状況に置かれているのか分かりませんが、北朝鮮は、日本に返すという考えのもとで1人ずつばらばらに管理しているかもしれません。一緒にいたら全員返さざるをえないので、横のつながりが何年もないようにしておいて、一部の被害者を出してはうまく幕を下ろしたいと考えているかもしれないので、それを阻止しなければいけないということです」と話し、政府の粘り強い取り組みを求めました。

官房長官「一刻の猶予もない」

菅官房長官は午後の記者会見で「2002年に5人の拉致被害者が帰国して以来、めぐみさんをはじめ、1人の拉致被害者の帰国も実現していないことは痛恨の極みで、政府として大変申し訳なく思っている。拉致被害者のご家族の方々の高齢化を考えれば、一刻の猶予もないと思っている」と述べました。

そのうえで「政府としては認定の有無にかかわらず、すべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向けて、あらゆるチャンスを逃さないとの決意で全力で取り組んでいる」と述べました。