日大アメフト 内田正人前監督ら不起訴へ 悪質タックル問題

日大アメフト 内田正人前監督ら不起訴へ 悪質タックル問題
k10012177651_201911141852_201911141854.mp4
日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、検察が傷害の疑いで被害届が出ていた前の監督と元コーチを、近く不起訴にするとともに、タックルをした選手についても起訴猶予にする方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。
日本大学のアメリカンフットボール部をめぐっては去年、選手が試合中に相手のチームの選手に、悪質なタックルをしてけがをさせました。

日大の第三者委員会は反則行為は内田正人前監督(64)と、井上奨元コーチ(30)の指示で行われたと認定しましたが、警視庁は明確な指示は確認できず、被害届が出された傷害の容疑について、刑事責任は問えないという捜査結果をまとめた書類を、検察に送付していました。

これを受けて東京地検立川支部が処分を検討した結果、近く2人を嫌疑不十分で不起訴にする方針を固めたことが、関係者への取材でわかりました。

また、タックルをして傷害の疑いで書類送検されていた選手についても、被害者側と示談が成立していることなどから、起訴猶予にする方針で、これにより一連の捜査は終結する見通しです。