NBA 八村塁は21得点 2試合連続20得点以上は初

NBA 八村塁は21得点 2試合連続20得点以上は初
NBA=アメリカプロバスケットボール、ウィザーズの八村塁選手が、13日、セルティックス戦に先発出場し、21得点を挙げて初めて2試合連続で20得点以上をマークしました。
八村選手は、相手の本拠地で行われたセルティックス戦に9試合連続で先発出場し、前半は第1クオーターの1分すぎに味方のシュートが外れたボールを拾ってダンクシュートを決め、この試合初得点を挙げましたが、早い段階で立て続けにファウルをして出場時間2分余りでベンチに下がりました。

八村選手は第2クオーターの途中からコートに戻り、相手のパスをカットし、そのまま持ち込んで決めるなど、前半はシュート6本中、5本と高い確率で決めて10得点を挙げました。

後半も、八村選手はドリブルで切り込んでのシュートやフリースローなどで、イースタンカンファレンスで首位を走る好調なチームを相手に順調に得点を重ねました。

八村選手は、ファウルを重ねたこともあり、出場時間は先発出場した選手では最も少ない24分余りにとどまりましたが、21得点を挙げて、NBAで初めて2試合連続で20得点以上をマークしました。

試合は、ウィザーズが課題の守備を修正できず、今シーズン2番目に多く失点し133対140で敗れ、3連敗となりました。