グレタさん 船で米からスペインへ

グレタさん 船で米からスペインへ
k10012176671_201911141035_201911141042.mp4
アメリカを訪れていた16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさんが、13日、温暖化対策に関する国際会議「COP25」に参加するため、バージニア州の港からスペインに向けて出航しました。
ことし8月からアメリカに滞在していた活動家のグレタ・トゥーンベリさんは、COP25が開かれる予定だった南米のチリに陸路で向かうことにしていましたが、チリが開催を断念したため、代わりの開催地となったスペインへの移動手段を探していました。

その後、オーストラリア人のカップルが船を提供することになり、13日の朝、同行する父親らとともにバージニア州の港を出航しました。

グレタさんが乗った船は、全長およそ15メートルの帆船で、船内で必要な電気も太陽光などでまかなうため、温暖化の原因のひとつとされる二酸化炭素をほぼ、排出しないということです。

グレタさんを支援する団体によりますと、大西洋を横断してスペインに到着するまで、およそ3週間かかる見通しだということです。