高校生会見「安心して受験できず」記述式問題中止求める

高校生会見「安心して受験できず」記述式問題中止求める
k10012176511_201911140514_201911140541.mp4
再来年1月に始まる「大学入学共通テスト」の記述式問題について、高校生のグループが、民間事業者による採点では、公平性に欠けるとして、導入の中止を求めました。
センター試験に代わる「大学入学共通テスト」は再来年1月に実施され、国語と数学に初めて記述式問題が導入されますが、民間事業者による採点で、公正性、公平性が確保できるのか懸念する声があがっています。

こうした中、高校生のグループが会見を開き、文部科学省に対して、共通テストへの記述式問題の導入を中止するよう求めました。

このグループが、予備校講師などに、国語の記述式問題を採点してもらったところ、採点者ごとにばらつきが生じたということです。

共通テストを受ける予定の高校2年の男子生徒は「記述式の採点は50万人の大規模試験では正確に行うことは難しいと思う。今のシステムでは安心して受験できない」と話していました。