JR山手線 3分の1の区間が運休 16日始発から

JR山手線 3分の1の区間が運休 16日始発から
k10012176461_201911140654_201911140657.mp4
JR山手線は、来年の春に開業する新駅、「高輪ゲートウェイ駅」のための線路の切り替え工事で、16日始発から大崎駅から上野駅までのおよそ3分の1の区間が運休となります。山手線が工事の影響で運休するのはJR発足以降、初めてで、最新の運行情報を確認するよう呼びかけています。
16日始発から運休するのは山手線のおよそ3分の1にあたる大崎駅から東京駅を経由した上野駅までの区間と、京浜東北線の品川駅と田町駅の間の区間です。

これは、品川駅と田町駅の間に来年の春に開業する新駅、「高輪ゲートウェイ駅」のための大規模な線路の切り替え工事が15日の終電後から行われるためで、山手線が工事の影響で運休するのはJR発足以降、初めてです。

一方、運転が再開されるタイミングは、山手線は16日の午後4時ごろ、京浜東北線の品川駅と田町駅の間は17日の始発からとなる見通しです。

これに伴い、JRは上野東京ラインと埼京線を増発するほか、東京メトロ、都営地下鉄、りんかい線、東急線、京急線で振り替え輸送が実施されます。

JR東日本は「今回は工事が大規模かつ複雑なため、運休せざるを得なかった。ホームページなどで運行状況を確認してほしい」と呼びかけています。