大嘗祭 儀式を前に「大嘗宮」を報道陣に公開 皇居

大嘗祭 儀式を前に「大嘗宮」を報道陣に公開 皇居
k10012176121_201911131940_201911131941.mp4
天皇陛下の即位に伴う伝統儀式、「大嘗祭」(だいじょうさい)の中心的な儀式が14日から15日にかけて行われるのを前に、皇居に設営された「大嘗宮」(だいじょうきゅう)が、報道陣に公開されました。
「大嘗宮」はことし7月下旬から3か月余りかけて皇居・東御苑に設営され、14日の夜から15日の未明にかけて、天皇陛下が国と国民の安寧や五穀豊穣などを祈られる「大嘗宮の儀」が行われます。

これを前に13日、報道陣に公開されました。「大嘗宮」のおよそ90メートル四方の敷地には大小30余りの建物が建てられていて、中央の左右には天皇陛下が入られる「悠紀殿(ゆきでん)」と「主基殿(すきでん)」が配置されています。

この奥には天皇皇后両陛下が身を清めたり、着替えられたりする「廻立殿(かいりゅうでん)」もあります。

大嘗宮は一部の建物の規模や敷地の面積が縮小されたほか、「悠紀殿」と「主基殿」の屋根は前回のかやぶきから板ぶきに変更されています。

「大嘗宮」では13日午後、儀式を前に建物などを清める行事も行われました。
皇室の祭祀(さいし)をつかさどる掌典(しょうてん)らが古式ゆかしい装束姿で、「悠紀殿」や「主基殿」のほか、四方に設けられた「神門」(しんもん)などを米や塩などをまいて清めました。
このあと掌典が祝詞(のりと)を読み上げ、儀式がつつがなく終わるよう祈っていました。