米イージス巡洋艦が台湾海峡通過 中国けん制するねらい

米イージス巡洋艦が台湾海峡通過 中国けん制するねらい
k10012175701_201911131550_201911131553.mp4
アメリカ海軍は、イージス巡洋艦が12日、台湾海峡を通過したことを明らかにし、今月中旬に行われる見通しの米中の国防相会談を前に、中国をけん制するねらいがあるとみられます。
アメリカ海軍第7艦隊はNHKの取材に対し、イージス巡洋艦「チャンセラーズビル」が、現地時間の12日、台湾海峡を通過したことを明らかにしました。

第7艦隊は「アメリカが自由で開かれたインド・太平洋に関与する姿勢を示すものであり、アメリカ海軍は国際法で認められた場所であればどこであれ、航行や飛行を続けていく」とコメントしています。

アメリカ海軍の艦艇が台湾海峡を通過するのは9月以来で、ことしに入って9回目となります。

アメリカのエスパー国防長官は、タイのバンコクで開催されるASEAN=東南アジア諸国連合の拡大国防相会議に合わせて、今月中旬に中国の魏鳳和国防相と会談する方向で調整しています。

国防総省の高官によりますと、会談では中国が圧力を強める台湾をめぐる問題や、軍事拠点化を進める南シナ海の問題などが議論される見通しで、アメリカ軍としては米中の国防相会談を前に、中国をけん制するねらいがあるとみられます。