青森 女子児童切りつけ事件 逮捕の中学生「殺すつもりだった」

青森 女子児童切りつけ事件 逮捕の中学生「殺すつもりだった」
k10012175231_201911130438_201911130440.mp4
12日、青森県八戸市で小学生の女子児童が下校中に刃物のようなもので首を切りつけられた事件で、警察は八戸市内に住む14歳の中学生の少年を殺人未遂の疑いで逮捕しました。少年は「殺すつもりだった」という趣旨の話しをしていて容疑を認めているということです。
12日午後4時半すぎ、八戸市新井田西の路上で小学校高学年の女子児童が1人で下校していたところ、後ろから徒歩で近づいてきた男に首を刃物のようなもので切りつけられ、全治3週間のけがをしました。

男は徒歩で逃走し、警察は、現場周辺の防犯カメラの映像や女子児童の話から、やせ形で髪の短い男が事件に関わった疑いがあるとみて行方を捜査していました。

その後、市内で特徴が似た人物を見つけ、事情を聞いたところ容疑を認めたことから、午後11時前に殺人未遂の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは八戸市内に住む14歳の中学生の少年で、調べに対し、「殺すつもりだった」という趣旨の話しをしているということです。

また、少年は「カッターで切りつけた」という趣旨の話もしていて、自宅からは複数のカッターナイフが見つかったということです。

警察は事件に使われたものか確認を進めるとともに、少年から事情を聴くなどして詳しいいきさつを調べることにしています。