プレミア12 日本は豪に逆転で競り勝つ 2次リーグ初戦

プレミア12 日本は豪に逆転で競り勝つ 2次リーグ初戦
野球の国際大会「プレミア12」で、日本は千葉市で行われた2次リーグの初戦でオーストラリアと対戦し、3対2で逆転勝ちしました。
東京オリンピックの予選を兼ねて開かれている「プレミア12」は11日から日本で2次リーグが始まり、6チームが1次リーグで別のグループだった4チームと対戦し、上位2チームが決勝に進みます。

日本は1次リーグのグループBを3戦全勝で1位通過し、11日夜、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われた2次リーグの初戦で、グループCで2位だったオーストラリアと対戦しました。

日本は先発した巨人の山口俊投手が4回2失点でしたが、打線は4回裏、4番の広島 鈴木誠也選手が3試合連続となるホームランを打って1点差としました。

さらに7回には代走で起用されたソフトバンクの周東佑京選手が二塁と三塁への盗塁を決めて2アウト三塁とし、大会初先発となった8番 西武の源田壮亮選手のバントがピッチャーのフィルダースチョイスを誘って周東選手がホームにかえり、2対2の同点に追いつきました。

そして8回には2アウト満塁から6番の楽天 浅村栄斗選手が押し出しのフォアボールを選んで勝ち越し、日本が3対2で競り勝ちました。

日本は1次リーグで台湾から挙げた1勝が持ち越されるため、2次リーグの通算成績を2勝0敗としました。

12日はグループAを2位で通過したアメリカと対戦します。

源田「自分の判断でセーフティーバント」

今大会初めて先発で起用され、7回に2アウト三塁の場面でバントをして相手ピッチャーのフィルダースチョイスを誘った源田選手は「周東選手が盗塁で三塁に行った時、サードの守備位置が深く、相手の頭にないだろうと思ったので、自分の判断でセーフティーバントをやろうと決めた。普通に打ちに行くのとバントで足を使うのとではどちらが確率が高いかを考え、腹を決めてやった。ホームにかえってくれた周東選手がすごいです」と笑顔で振り返りました。

そして「後半すごく盛り上がったし、いい流れであしたの試合に臨めると思うので、皆で力を合わせて全力で頑張りたい」と話していました。

周東「信じてホームに突っ込んだ」

7回に代走で途中出場して2つの盗塁を決め、源田壮亮選手のセーフティーバントで同点のホームを踏んだ周東選手は「絶対に僕がホームにかえって同点にしてやろうと思っていた。思い切っていかないといけない場面だったので、それができてよかった。三塁まで進んだあと、源田選手が2アウトからバントしたのは正直びっくりしたが、信じてホームに突っ込もうと思った」と振り返っていました。

稲葉監督 勝負どころの思い切ったプレー称賛

稲葉篤紀監督は「選手皆で結束して何とか勝つことができた」と試合を振り返りました。

4回に4番の鈴木選手のホームランで1点差に詰め寄った場面については「オーストラリアの先発ピッチャーが非常によくて、なかなかバッターも捉えることができかったが、鈴木選手のホームランでベンチが盛り上がって、声もようやく出るようになった。非常に大きな1本だった」と話しました。

そして7回に代走で起用した周東選手が三塁に盗塁を決めたことについて「2アウトではあったが、三塁にいくことによってピッチャーがワンバウンドのボールを投げられなくなるし、バッテリーに大きく揺さぶりをかけるという意味では大きな盗塁だった」と、流れを変えた走塁のスペシャリストの仕事ぶりを評価しました。

そして源田選手がバントでフィルダースチョイスを誘って同点とした場面については「ノーサインで本人の意思でやってくれた。私もまさかとは思ったが、国際大会のああいうところで何かやってやろうという気持ちは非常に大事だと思う」と勝負どころでの思い切ったプレーをたたえていました。