12日にかけて広い範囲で大気不安定 落雷や突風などに注意

12日にかけて広い範囲で大気不安定 落雷や突風などに注意
k10012172111_201911110634_201911110642.mp4
低気圧や前線の影響で12日にかけて西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みです。気象庁は落雷や突風のほか、急な強い雨にも注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、12日にかけて低気圧と前線が西日本から北日本を通過し、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。

このため、西日本では11日夜にかけて、東日本と北日本では12日にかけて大気の状態が不安定になり、局地的に積乱雲が発達するおそれがあります。

気象庁は、落雷や竜巻などの突風のほか、急な強い雨、ひょうに注意するよう呼びかけています。

急に冷たい風が強く吹くなど積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物の中に移動する、カーテンを閉めて窓の少ない部屋に移動するなど対策をとるよう心がけてください。