池袋暴走事故 旧通産省幹部の高齢ドライバーを書類送検へ

池袋暴走事故 旧通産省幹部の高齢ドライバーを書類送検へ
k10012171011_201911092004_201911092019.mp4
ことし4月、東京 池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、2人が死亡、10人がけがをした事故について警視庁はブレーキとアクセルの踏み間違いが原因だったとしてドライバーを来週にも過失運転致死傷の疑いで書類送検する方針です。
ことし4月、東京 池袋で、乗用車が暴走して歩行者などを次々にはね、自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、10人が重軽傷を負いました。

乗用車を運転していた旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(88)は、当初、警視庁の調べに対して「ブレーキを踏んだが効かなかった」と供述していました。

捜査関係者によりますと、その後の捜査で、車に不具合はなく、ドライブレコーダーの記録などから最初に接触事故を起こしたあと、ブレーキをかけずにアクセルを踏んでいたことがわかったということです。

このため警視庁はブレーキとアクセルの踏み間違いが事故の原因だったとしたうえで、12人が死傷した一連の暴走を、連続した4件の事故ととらえてすべて立件し、飯塚元職員を過失運転致死傷の疑いで来週にも書類送検する方針です。

飯塚元職員は「パニック状態になってブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」と供述しているということです。