東京 東久留米 殺害された55歳男性 30か所以上刺される 警視庁

東京 東久留米 殺害された55歳男性 30か所以上刺される 警視庁
k10012169931_201911081835_201911081836.mp4
8日、東京・東久留米市の住宅で刃物で刺されて死亡していたのはこの家の住人と同居していた55歳の男性と確認されました。男性は首や胸など30か所以上を刃物で刺されていたことも分かり、警視庁は強盗殺人事件とみて捜査しています。
8日午後1時半ごろ、東京・東久留米市下里の住宅で「玄関の窓が割れている」とこの家に住む女性の次男から警視庁に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、2階の寝室で男性が刃物で刺された状態で死亡しているのが見つかり、確認を進めた結果、死亡していたのは女性と同居していた会社員の二岡一浩さん(55)と分かりました。

警視庁が遺体の状態を調べたところ、二岡さんは首や胸など30か所以上を刃物で刺されたり切りつけられたりしていたということで、ベッドの上で衣服を着た状態であおむけで倒れていたということです。

警視庁によりますと、この家には通報した次男の母親と妹も一緒に住んでいましたが、今月2日から9日までの日程でイタリア旅行に行っていて、8日午前11時半すぎに二岡さんの勤務先から「出勤してこない」と連絡があり、次男が確認に行ったところ事件が発覚したということです。

住宅の1階のリビングや2階の部屋の引き出しが開けられるなど、荒らされた跡が残されていて、警視庁は強盗殺人事件とみて捜査しています。

近所の女性「現場の住宅は5年ほど前に建ったばかり」

近所に住む60代の女性は「事件が起きた住宅は5年ほど前に建ったばかりで、地域との交流は少なかった印象です。地域には子どもも多いので犯人が捕まっていないのは本当に怖いです。早く解決してほしいです」と話していました。

近所の男性「物騒で不安」

現場の近くに住む85歳の男性は「1、2か月くらい前にこの地域の家に泥棒が入りました。今回の事件と関係があるか分かりませんが、物騒で不安です。早く犯人が捕まってほしいです」と話していました。

現場近くの小学生「早く捕まってほしい」

現場近くの小学校に通う女の子は「こんなに近くで事件があって怖いです。犯人が逃げているのであれば早く捕まってほしいです」と話していました。