1歳児虐待事件 4歳の長男「パパが撃った」 福岡 田川

1歳児虐待事件 4歳の長男「パパが撃った」 福岡 田川
k10012169231_201911081221_201911081227.mp4
福岡県田川市で、1歳の三男にエアガンを発射しけがをさせたとして両親が逮捕された事件で、4歳の長男が「パパが撃った」と警察などに話していることがわかりました。警察は、長男の話を確認しながら捜査を進めています。
田川市伊加利の自営業、常慶雅則容疑者(24)と、妻の藍容疑者(24)は、去年11月、自宅で、当時1歳で三男の唯雅くんにエアガンを何度も発射し、全治3週間のけがをさせたとして傷害の疑いで逮捕され、8日、検察庁に送られました。

警察の調べに対し、2人は容疑を否認しているということです。

唯雅くんは翌月に肺炎で死亡しました。

警察によりますと、常慶容疑者は逮捕される前、「エアガンは自分の趣味だ」としたうえで、現在は4歳で、当時3歳だった長男が唯雅くんを撃ったと警察に説明していたということです。

一方、警察は自宅から押収した複数のライフル型のエアガンは、3歳の子どもが正確にねらいをつけて撃つのは難しいとみて捜査を進めていて、その後、長男が警察や児童相談所に対し「パパが撃った」と話していることが関係者への取材でわかりました。

警察は、長男の話を確認しながら、複数のうち、どのエアガンで夫婦のどちらが発射したのかを特定するなど捜査を進めています。