コメ異変 どうなる日本のごはん?

コメ異変 どうなる日本のごはん?
実りの秋、食欲の秋。ことしもごはんがおいしい季節になりました。しかし、ごはんが大好きな記者にとっては心配なニュースを見つけました。産地の中には、例年に比べてコメの品質が著しく低くなっているところがでているというのです。いったい何が?(社会部記者 吉田敬市)

あのコメどころで異変が…

「日本有数のコメどころ」として知られる新潟県。
ことし、大きな異変が生じています。

新潟県の稲刈りは9月中旬から本格化していますが、収穫したコメの品質が例年に比べて著しく低くなっているというのです。

1等米が激減 何が

こちらは新潟県のコシヒカリの1等米比率を示したグラフです。

1等米というのは、味ではなくコメの見た目や粒の大きさなど外観の評価で、最上級の品質に与えられる等級です。

ほかにも品質が良い順に2等米、3等米、規格外といった等級がありますが、新潟一般のコシヒカリでは去年までの5年間、1等米の比率がいずれも80%程度で推移していました。

それが、ことしは9月末の時点でおよそ20%にまで低下しています。

何が起きているのか。

新潟県庁の農林水産部経営普及課に聞いてみるとー

原因は「猛暑」と「温暖化」

「去年も記録的な猛暑だったんですが、8月半ばまで猛烈な暑さは続きませんでした。ところが、ことしは穂が出る8月半ばまで猛暑が続き、その影響が出ているとみています。ことしの1等米比率は過去2番目に低い水準で、ここまで低下するのは異例です」(新潟県経営普及課 藤田一課長補佐)

今後も気温上昇でコメは減るのか

「猛烈な暑さ」「温暖化」が原因だというのです。
ということは今後、温暖化などが進めば、ごはんにさらに大きな影響がでてしまうかも?そこで、専門家に詳しく話を聞いてみることにしました。

訪ねたのは茨城県つくば市にある国立研究開発法人「農研機構」の農業環境変動研究センター。
ここで気候変動と稲作への影響について研究している石郷岡康史上級研究員に取材しました。
最初に見せていただいたのは4つのグラフでした。
産業革命以前(1890-1900年)に対する2100年までの気温の上昇率に合わせて、世界のトウモロコシ、大豆、コメ、小麦の平均収穫量を予測したデータです。

▽2007年までの気温上昇がそのまま続いた場合が緑色。
▽産業革命以前から1.8度上昇した場合が青色。
▽2.7度上昇した場合が水色。
▽3.2度上昇した場合が黄色。
▽4.9度上昇した場合が赤色で表しています。

トウモロコシと大豆は、気温の上昇が進むにつれ収穫量が落ちています。
小麦はほとんど変わっていません。
そしてコメを見てみると、気温が上昇するにつれて…あれ、増えている?

温暖化でも日本のごはんは安泰?

農研機構によると、コメは、ほかの3つの穀物に比べて生育に適した気温が高いことなどから、温暖化の影響を受けにくいと考えられているそうです。

「じゃあ日本国内ではコメの収穫はどうなりますか?」

思わず質問してしまいました。
そこで石郷岡研究員が見せてくれたのが2015年の研究成果のグラフでした。

▽縦軸が各地域のコメの1ヘクタール当たりの収穫量、
▽横軸が20世紀末の平均気温からの気温上昇率です。

これを見ると、気温が2.5度上昇すると関東、近畿、九州などの各地域でコメの収穫量は減少していきます。

そして北海道と東北では…増え続けている?

西日本は減っても 北海道・東北は増える

「品種によって違いますが、稲の穂が出て収穫するまでの7月下旬から9月に気温が22℃程度であることがコメの生育に適した環境だと言われています。このため、もともと気温が高い西日本では収穫量が減少しますが、寒い気候の北海道や東北では適温に近づいていきます。そのため、現在より平均気温の上昇が3度ほど高くなっても、日本全体のコメの収穫量は減少しないと考えられます」(石郷岡研究員)
温暖化が進んでも日本のコメにはあまり影響はない?

問題は「シロミジュクリュウ」

「そういうことではないんですよ。西日本ではシロミジュクリュウが問題になって被害が出ている地域もあります」(石郷岡研究員)
シロミジュクリュウ?聞き慣れないことばでした。

「すみません、シロミジュクリュウって何ですか?」と聞いてみると、見せてくれたのが何粒かのコメでした。
「白く色づいているコメがありますよね。これがシロミジュクリュウです」(石郷岡研究員)

デンプンが詰まりきらないコメが…

シロミジュクリュウは「白未熟粒」。
稲に穂が出る7月下旬から9月にかけて気温が高い日が続くと、コメの中にデンプンが詰まりきらないまま育ってしまいます。

デンプンが詰まりきらないと白く色づいたコメができてしまいます。
これが「白未熟粒」。
食べることはできますが、見た目が悪くなってしまうためコメの品質を大きく落とします。

100年後 品質維持のコメはたった10%に?

次に石郷岡研究員に見せていただいたのが、先ほど示された日本国内の影響に関する研究の続きでした。

グラフでは、2100年に現在よりも気温が3度ほど上昇した場合の、日本国内のコメの生産量を表しています。

グラフの、
▽赤い部分が白未熟粒の発生などの品質低下リスクが高いコメ、
▽黄色の部分が品質低下リスクが中程度のコメ、
▽緑色の部分が品質低下リスクが低いコメです。

この場合、2100年にかけてコメの生産量全体はおよそ1.1倍に増加します。

しかし品質で見てみると、現在とほぼ同じ品質のコメは2100年にかけてわずか10%にまで減少すると予測されています。

日本のごはんが食べられなくなる?!

「農林水産省がおととしまとめた調査では、全国47都道府県のうち、西日本を中心に23の自治体で白未熟粒の発生があったと報告されています。このまま何もしないと、今までと同じ品質のごはんは食べられなくなるかもしれません」(石郷岡研究員)

新潟のコメ 異変の正体

実はこの白未熟粒こそが、新潟県の異変の正体でした。

ことしの夏、新潟県ではフェーン現象や台風がすぎたあとの暑さが続き、8月中旬から9月まで30℃以上の気温が続いていたと言います。

このため収穫量を示す作柄は「平年並み」とされている一方、収穫してみると白く濁ったような色のコメが相次いで見つかり、1等米の比率を下げていると言います。

高温被害に悩む農家は

農家にはどのような影響があるのか。
再び新潟県の担当者に聞きました。

常識は通用しなくなる

「ことし9月26日に高温被害に悩む農家向けの相談窓口を設けたところ、ひと月ほどで120件の相談が寄せられました。多くは『高温に強い品種は何か?』と尋ねるような内容です。これまで地球規模の温暖化と新潟県の稲作を結びつけて考えることはなかなか難しかったのですが、ただ『日照りに不作なし』などと言われていた今までのコメ作りの常識が通用しない時代に入ってきていると感じています」(新潟県経営普及課 藤田課長補佐)

「シロミジュクリュウ」に負けるな

一方、白未熟粒をめぐっては、日本各地ですでに、暑さに強い品種の開発や、田植えの時期をずらすことで被害を抑える研究などが、進められています。
「ことしの異常事態を受けて新潟県でも研究会を立ち上げて、対策を協議しているところです。ことし白未熟粒が多く発生した原因を検証し、今月いっぱいをめどに対策をまとめる予定です」(新潟県経営普及課 藤田課長補佐)

地球温暖化について考えてみませんか?

わたしたちの身近な食べ物をよく調べると、すでに少しずつ地球温暖化の影響が現れ始めている。

そんなことが今回の取材でわかりました。
これまでどおりの食事や暮らしを続けていくためには、地球温暖化とどう向き合うか考えていくことも必要だと思います。

来月にはスペインで地球温暖化対策の国際会議「COP25」も開かれます。

温暖化の影響や、温暖化対策について、今、どんなことが起きているのか。

これからも取材を続けたいと思います。