米軍F16戦闘機 訓練場の外に模擬弾落下させる 青森

米軍F16戦闘機 訓練場の外に模擬弾落下させる 青森
k10012167511_201911071222_201911071223.mp4
6日夜、アメリカ軍のF16戦闘機が青森県の訓練場の外に重さが200キロ以上ある模擬弾を落下させ、防衛省はアメリカ軍に対し、再発防止や安全管理の徹底を申し入れました。
防衛省によりますと、6日午後6時半ごろ、青森県の三沢市と六ヶ所村にまたがる「三沢対地射爆撃場」の周辺で、アメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機が誘導弾を落下させたと、7日朝になってアメリカ側から連絡があったということです。

落下したのは爆発のおそれのない「模擬弾」で、重さがおよそ230キロあるということです。

その後、射爆撃場から西に5キロほど離れた六ヶ所村の民有地で、模擬弾の落下によってできた深さ数メートルの穴が確認されました。

今後、地権者の同意を得たうえでアメリカ軍が地中に埋まった模擬弾を回収することにしています。

模擬弾が訓練場の外に落下したことを受けて、東北地方を管轄する東北防衛局長が三沢基地の司令官に対し、再発防止や安全管理の徹底を申し入れました。

これに対し、アメリカ軍からは、当面、模擬弾を使った訓練を中止するという説明があったということです。

防衛省は引き続きアメリカ軍に対し、当時の経緯や詳しい状況の確認を進めることにしています。

在日米軍ツイッターで「原因は調査中」

アメリカ軍のF16戦闘機が青森県の訓練場の外に模擬弾を落下させたことについて在日アメリカ軍司令部は7日、ツイッターで「水曜日の夜、三沢基地のF16が訓練中に射爆撃場から5キロの場所で部品を落下させた。事故の原因は調査中で、在日米軍は合意にしたがってけさ日本政府に通知した」というコメントを発表しました。

また在日アメリカ軍司令部では「けがや損傷の報告はない」としています。

模擬弾落下の場所周辺は

アメリカ軍のF16戦闘機の模擬弾が落下した場所は、青森県六ヶ所村の内沼の北側にある草むらです。

草むらには直径1.5メートルほどの地面がえぐられた跡があり、村などによりますと模擬弾が落ちた衝撃でできたということです。

落下した地点の周辺には民家などはありませんが、南東に1キロほど離れた場所には小学校と中学校があり、児童や生徒たちはスクールバスで学校に通っています。

このうち、六ヶ所村立南小学校の小山内宏太校長は「近くでこのようなことがあり不安です。学校の周辺を飛行しないなどの安全対策を取ってほしい」と話していました。

「三沢対地射爆撃場」とは

「三沢対地射爆撃場」は、青森県の三沢市と六ヶ所村にまたがる、アメリカ軍が管理する訓練施設です。

防衛省東北防衛局によりますと、本州で唯一、空から地上への射撃や爆撃の訓練が行える施設で、自衛隊とアメリカ軍が共同で使用し、実弾を使った機関銃の射撃訓練や模擬弾の投下訓練などを行っています。

アメリカ軍三沢基地の北およそ20キロの位置にあり、面積はおよそ766万平方メートル、東京ドーム164個分の広さがあります。

菅官房長官 「情報提供と再発防止を」

菅官房長官は、午後の記者会見で「今回の事故は、落下物が相当の重量で、周辺地域に大きな不安を与えるあってはならないものだ。アメリカ軍にはさらなる情報提供と実効性のある再発防止策を講じるよう求めていきたい」と述べました。

また、アメリカ軍が、沖縄の嘉手納基地でパラシュート訓練を実施したことなどに関連して、菅官房長官は「日米の間でパラシュート訓練などについては決められているので、政府としてはしっかり説明を求めていきたい」と述べました。

河野防衛相「非常に重大な事件」

河野防衛大臣は、8日の閣議のあとの記者会見で、「非常に重大な事件だと思っている。直ちにアメリカ側に対し厳重に抗議するとともに、さらなる情報提供と実効性ある再発防止策を講じるよう申し入れた。日米同盟の維持・強化や、在日米軍の安定的な駐留には、地元の理解が大前提で、情報提供と安全面の配慮が、しっかりと行われるよう、今まで以上にアメリカ軍やアメリカ政府に申し上げていきたい」と述べました。