利息は性行為で… 個人間融資の闇

利息は性行為で… 個人間融資の闇
「子どもの習い事のお金を滞納しています…」「携帯代が払えなくて…」。ツイッターなどSNS上で借金を求める書き込みの数々。見知らぬ人たちがお金の貸し借りをする「個人間融資」がいま急増しています。しかし、その手軽な貸し借りの裏で、思わぬ犯罪に巻き込まれるケースが相次いでいます。個人間融資の「闇」に迫りました。

(おはよう日本 ディレクター 平瀬梨里子)

半日ほどで融資も

ネットで「個人間融資」と検索すると「お金を借りたい」などという膨大な書き込みが分単位で更新されていきます。

「携帯代が払えません」「子供の習い事のお金を滞納しています」など、借金の目的に加え、希望の金額、メールアドレスなどの書き込みもあります。

ネットの掲示板を見るかぎり、金額は、5000円から数万円など比較的少額がほとんど。年齢は10代から70代まで幅広いようです。
見知らぬ人に、どうしてお金を借りるのでしょうか。個人間融資を利用している派遣社員の男性に話を聞くことができました。

この男性は生活費を得るためにネット上でお金を借りていると言います。男性は「掲示板とかツイッターなどで貸してくれる人を探して、交渉してお金を借ります。半日くらいで融資が済んじゃう人もいますね。手軽で簡単だと思います」と話します。
この男性によると、掲示板にお金を借りたい理由や金額、口座番号などを書き込むと、お金を貸したい人からメールが届きます。

利息などを交渉し、名前や住所、金融機関の口座番号などを伝えると、お金が振り込まれるのだと言います。

融資は、貸し手側に会うことなく、ネット上で完結することがほとんど。知らない人からお金を借りることに抵抗はないのでしょうか。

男性は「抵抗は多少ありますけど、こちらは借りるのに必死なもんで」と答えました。

男性には借金を抱えた過去があり、正規の貸金業者からは借りることができないため個人間融資に頼るしかないのだと言います。

どんな人が貸している?

いったいどんな人がお金を貸しているのか?「個人間融資で金を貸している」という人物と何度かやりとりし、実際に会って話を聞くことができました。
待ち合わせ場所に現れたのは、ジャケットを着たサラリーマン風の男性。都内で美容関係の会社を経営していると言います。

個人間融資でお金を貸す理由について聞いてみると「会社を経営してるけど、経営がきついのよ」と一言。複数の掲示板を定期的にチェックし、仕事の合間を見てお金を借りたい人に会っているそうです。

貸す相手は10代から80代まで幅広い年齢層で、意外にもお金を回収できなかったことはないと言います。

その理由を尋ねると「名前と住所を聞いて、写真付きの身分証を確認して、その場でストリートビューして、壁の色は何色?とか向かいの家はどんな感じ?とか聞くね。借用書を用意する人もいれば、融資の交渉を動画や音声で記録したりする人もいる」。

そのうえで、この男性は実際に会って、お金を貸しても大丈夫かどうか“審査”するというのです。

信用できそうな人にだけ貸すことで「貸し倒れ」を防いでいるというわけです。本来、「貸金業」の登録なしに個人が複数にお金の貸し付けを行うことは違法ですが、この点に対して明確な答えはありませんでした。

掲示板の運営者は“広告収入”で

取材を進めると、個人間融資の掲示板を運営していた男性にも話を聞くことができました。

男性は一般の会社員。副業として個人間融資の掲示板の運営を始め、サイトに載せる貸金業者の広告収入でお金を稼いでいたというのです。

この男性は「金融広告って単価が高くて、1クリックあたりの広告収入が大きいんですね。私のサイトになら何十万でも払っていいという業者もいたようです」と話していました。

実際、個人間融資の掲示板のアクセスは多いようです。私が「個人間融資に興味がある」という書き込みをしてみると、数分で「貸してもいい」というメールが届き、1時間で100件を超えました。そのアクセス数に貸金業者が注目していたというのです。

違法の可能性がある個人間融資の掲示板に貸金業者が広告を出していたということに驚きました。

“ひととき融資”とは?

個人間融資で犯罪に巻き込まれる人もでています。

ことし6月、法律の上限を上回る金利で女性に金を貸し付けたとして、大阪・千早赤阪村の36歳の職員が逮捕されました。

警察によりますと、この職員はインターネットの掲示板を通じて女性と知り合い、金を貸していましたが、その融資の条件として性的な対価を要求していたということです。

こうした行為は「ひととき融資」と呼ばれ、個人間融資でお金を借りた女性の被害が増えています。実際に個人間融資の掲示板を見ても「ひとときでも大丈夫ですか?」「ひとときできますか?」といった書き込みが目立ちます。“ひととき”とは性行為を示す隠語。性行為をすることを担保としてお金を借りたり、性行為を利息の代わりにしたりするのです。

“性行為に応じないと利息増やす”

被害にあった女性が「実態を知ってほしい」と取材に応じてくれました。

当時、幼い子どもがいて働くことが難しかったという女性。さらに夫から家庭内暴力を受け、生活費をもらうこともできなかったと言います。

家賃などの生活費を得るために、友人から紹介された個人間融資の掲示板でお金を借りるようになりました。

お金を貸してもいいという人のほとんどから要求されたのが「ひととき」でした。女性は「大体メールをくださるのは男性。9割以上は性行為を要求してくる方が多かったです」と話します。

精神的に苦痛だったものの、融資を受けるためには仕方ないと思っていたという、この女性。要求はさらにエスカレートし、「性行為に応じないとペナルティーとして利息を増やす」と言われ、借りたお金の総額約100万円の利息は、倍の200万円にまで膨れ上がったと言います。貸し手の男性には、家族や友人の連絡先、それに自分の裸の写真まで送っていたため逃げることはできず、利息を払うしかありませんでした。

貸し手の男性は、都内の会社に勤める会社員で妻子もいる、いわゆる“普通の人”だったそうです。

増える相談件数

国民生活センターによりますと、個人間融資を巡る相談件数は今年に入ってから増えており「15万円を借り入れしたら利息が付いて400万円になった」という相談や「保証金として先に5万円を払ったがその後連絡が取れなくなった」などの相談が寄せられているということです。
個人間融資の相談に応じている司法書士の下東洋介さんのもとには、月に50件以上の相談が寄せられると言います。
(司法書士 下東洋介さん)
「多いのは『法外な利息を請求されていてもう払えない』という相談や『相手からの脅しや嫌がらせ行為によって精神的に参ってしまっている』という相談が多いです。個人間融資が増えているのは、2010年に改正された貸金業法によって借り入れできる金額が給与の3分の1まで引き下げられたため、正規の貸金業者から借りられない人たちが個人間融資に流れているのではないでしょうか」
金融庁も勧告文を出して危険性を周知したり、相談窓口の連絡先を載せたりするなどし始めました。

個人間融資は、法外な利息を求められることや、個人情報を公開されてしまうなど様々な危険性があり、いわゆる“ネット闇金”と言えるケースも多いのが実態です。

個人間融資でトラブルに巻き込まれたら、金融庁が公開している連絡先や、司法書士や弁護士に相談してください。

■金融庁 金融サービス利用者相談室
▼0570-016811
▼03-5251-6811(IP電話からの場合)

■消費生活センター等の消費生活相談窓口
▼188(消費者ホットライン)

■日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
▼0570-051051
▼03-5739-3861(IP電話からの場合)

■警察
#9110(各都道府県警察相談ダイヤル)

情報をお寄せください

この「個人間融資」について 私たちは取材を続けていきたいと考えています。読んでいただいたみなさまからの情報提供をお待ちしています。 

下の「ニュースポスト」より「個人間融資」とお書き添えのうえ、お寄せください。ご協力よろしくお願いします。