衆院予算委 きょう集中審議 閣僚辞任や英語民間試験で論戦

衆院予算委 きょう集中審議 閣僚辞任や英語民間試験で論戦
国会では、6日、安倍総理大臣らが出席して、衆議院予算委員会で集中審議が行われます。相次ぐ閣僚の辞任や、大学入学共通テストへの英語の民間試験の導入延期などをめぐって、激しい論戦が交わされる見通しです。
衆議院の予算委員会では、6日午後、安倍総理大臣や萩生田文部科学大臣らが出席して「国政全般」をテーマに、集中審議が行われます。

この中で、与党側は、菅原前経済産業大臣と河井前法務大臣が相次いで辞任したことを受けて、国民の信頼回復を図る必要があるとして、安倍総理大臣に説明を求める考えです。

これに対し野党側は、「内閣総辞職に値する異常事態だ」などとして、安倍総理大臣の任命責任を徹底して追及することにしています。

また、大学入学共通テストへの英語の民間試験の導入が延期されたことを受けて、与党側は、受験生の不公平感を解消する必要があるとして、今後の対応をただす考えです。

一方、野党側は、受験生らを混乱させたとして、萩生田大臣の責任や、導入が決まった経緯などを問うことにしていて、激しい論戦が交わされる見通しです。