台風 大雨 農林水産関係の被害額2500億円超 追加支援策発表へ

台風 大雨 農林水産関係の被害額2500億円超 追加支援策発表へ
先月の台風19号とその後の大雨による農林水産関係の被害額が2000億円を超え、9月の台風15号による被害額と合わせると2500億円を上回っています。農林水産省は、台風19号とその後の大雨による被害について今週中に追加の支援策を発表することにしています。
農林水産省によりますと、先月の台風19号とその後の大雨による農林水産関係の被害額は、5日午前8時の時点で38の都府県で合わせて2024億5000万円となりました。

このうち、ため池や用水路など農業用施設の被害が1万4000か所以上にのぼり、被害額は813億円となっています。

また、コメやりんごなど農作物の被害は1万6000ヘクタールにおよび、被害額は118億円となっています。

さらに林道や木材加工の施設など林業関係の被害は595億円、漁港の施設など水産関係の被害が101億円となっています。

被害額は浸水の被害が広範囲に及んだ地域を中心に、さらに増える見通しです。

また9月の台風15号による被害額は509億円にのぼり、台風19号とその後の大雨の影響と合わせると被害額は2500億円を超えています。

江藤農林水産大臣は、5日の閣議のあとの記者会見で「被災した人の傷は深く復旧には時間がかかると思う。今週中に政府としてパッケージでの支援策を発表する予定で、被災者を力づけるものになればと考えている」と述べ、台風19号とその後の大雨による被害について今週中に追加の支援策を発表する考えを明らかにしました。