標高2700m 66歳男性が滑落し死亡 北アルプス 西穂高岳

標高2700m 66歳男性が滑落し死亡 北アルプス 西穂高岳
3日午前、岐阜県高山市の北アルプスの西穂高岳で福岡市の66歳の男性が山頂近くから滑落して死亡しました。
3日正午前、高山市の北アルプスの西穂高岳で「父親が滑落した」と、一緒に登山をしていた33歳の娘から警察に通報がありました。

警察によりますと、滑落したのは福岡市東区の佐藤憲明さん(66)で、西穂高岳の山頂に近い標高2700mほどの「ピラミッドピーク」と呼ばれる岩場の付近からおよそ500m下に滑落したとみられるということです。

ヘリコプターで捜索した結果、およそ2時間後に佐藤さんを見つけて助け上げましたが、頭などを強く打っていて、すでに亡くなっていたということです。

佐藤さんは娘と2人で登山をしていて、3日朝7時ごろに山荘を出て、10時ごろに山頂に到着し、そこから再び山荘に戻る途中だったということです。

警察が当時の詳しい状況を調べています。