COP25 グレタさん“転戦” スペイン政府「お手伝いします」

COP25 グレタさん“転戦” スペイン政府「お手伝いします」
地球温暖化対策の会議「COP25」の開催国がチリからスペインに急きょ変更されたことを受けて、スペイン政府はスウェーデンの16歳の活動家グレタ・トゥーンベリさんがアメリカ大陸から移動するための支援にあたる意向を表明しました。
スウェーデンの16歳の活動家グレタ・トゥーンベリさんは、ことし8月に移動に伴う温室効果ガスを減らすためとしてヨットでヨーロッパからアメリカに移動したあと、来月2日から開かれる「COP25」に参加するため、陸路チリを目指していました。

しかし、会議の開催地がチリからスペインに急きょ変更されたことを受けて、グレタさんは1日、ツイッターに「間違った方向に地球を半周したことになってしまいました。誰か移動手段を見つける手助けをしてくれたらとてもうれしいです」と投稿し、支援を求めていました。

これに対してスペインのリベラ環境保護相はツイッターで「大西洋を横断する帰路を喜んでお手伝いします」と投稿し、スペイン政府がアメリカ大陸から移動するための支援に当たる意向を表明しました。

具体的な支援の方法についてスペイン政府は明らかにしていませんが、会議の開催まで1か月を切る中、グレタさんの動向にも注目が集まりそうです。