台風19号 福島・栃木で保管の除染廃棄物91袋が流出

台風19号 福島・栃木で保管の除染廃棄物91袋が流出
k10012162511_201911030709_201911030957.mp4
先月の台風19号の大雨で、福島県と栃木県で保管されていた除染廃棄物91袋が近くの川に流れ出ていたことがわかり、環境省は流出が相次いだ原因を検証することにしています。
先月の台風19号で、福島県では国や地元の市町村が管理する除染廃棄物の袋が仮置き場から近くの川に相次いで流されていたことがわかりました。

環境省が仮置き場すべてを点検するなどしたところ福島県で90袋、栃木県で1袋の合わせて91袋の流出が確認されたということです。

自治体別にみますと、福島県では川内村が管理する仮置き場で44袋、田村市が管理する仮置き場で30袋、二本松市が管理する仮置き場で15袋、国が管理する飯舘村の仮置き場で1袋となっています。

また、栃木県では那須町の住宅の敷地内で町が保管していた1袋が流されていました。

このうち、少なくとも25袋が空の状態で見つかり、廃棄物が袋の外へ漏れ出したとみられていますが、環境省によりますと、周辺の空間線量の値に影響は見られなかったということです。

環境省は、大雨に備えた柵を仮置き場に設置するとともに、流出が相次いだ原因を検証することにしています。