安倍首相 きょうからタイ訪問 ASEAN首脳会議などに出席

安倍首相 きょうからタイ訪問 ASEAN首脳会議などに出席
k10012162471_201911030511_201911030520.mp4
安倍総理大臣は、3日からタイを訪問し、ASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議のほか、日本など16か国が参加するRCEP=東アジア地域包括的経済連携の首脳会議に出席して年内の妥結を目指して詰めの交渉に臨みます。
安倍総理大臣は、タイで開幕したASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議などに出席するため、3日羽田空港を出発します。

このうち、4日行われる、日本や中国、それにインドなど16か国が参加するRCEP=東アジア地域包括的経済連携の首脳会議では、年内の妥結を目指して詰めの交渉に臨むことにしています。

1日の閣僚会合では、投資や知的財産などのルールの分野で進展があったものの、関税の撤廃の分野では、依然として隔たりが残っているということで、安倍総理大臣としては、妥結に向け主導的な役割を果たしたい考えです。

また、EAS=東アジアサミットをはじめとする一連の首脳会議では、北朝鮮が弾道ミサイルなどの発射を繰り返し、ミサイル技術の向上を図ろうとしている現状を踏まえ、朝鮮半島の非核化に向けた米朝プロセスを後押しする日本の立場を強調することにしています。

会議に合わせて、安倍総理大臣は、中国の李克強首相やインドのモディ首相ら各国首脳との個別の会談を予定していますが、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領との会談は調整されておらず、ことばを交わす場面があるかどうかが注目されます。