英語民間試験実施延期 萩生田大臣の会見での発言は

英語民間試験実施延期 萩生田大臣の会見での発言は
k10012160031_201911011052_201911011053.mp4
萩生田文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、大学入学共通テストに導入される英語の民間試験について、来年度からの実施を延期することを明らかにしました。萩生田大臣の記者会見の発言をまとめました。

「受験生におすすめできるシステムになっていない」

萩生田大臣は「大臣就任以来、試験を受ける高校生のことをいちばんに思いながら、英語民間試験活用のための大学入試英語成績提供システムの在り方について、これまでの進捗状況を冷静に分析しつつ、多くの方のご意見をうかがいながら慎重に検討を行ってきた。こうした中、先日の私の不用意な発言で高校生をはじめとする皆様にご迷惑をおかけしたが、この間もさらに多くの方々からご意見をいただくことになり、より一層現状の課題を浮き彫りにすることができた」と述べました。

そのうえで、「文部科学省としては民間試験団体との連携や調整が十分ではなく、各大学の活用内容や民間試験の詳細事項などの情報提供不足など、準備の遅れにつながることになった」と述べました。

そして「大学入試英語成績提供システムは現時点で、経済的な状況や居住している地域にかかわらず、ひとしく安心して試験を受けられるような配慮など、文部科学大臣として自信を持って受験生におすすめできるシステムになっていないと判断せざるをえない。これ以上、決断の時期を遅らせることは混乱を一層大きくしかねないため、来年度からの導入を見送り、延期することを決断した」と述べました。

「受験生の皆さんとの約束果たせなかった 大変申し訳ない」

さらに、「大学入試における英語民間試験に向けて、これまで熱心に勉強に取り組んできた受験生の皆さんも多いと思う。今回の決定で、そうした皆さんとの約束を果たせなかったことを大変申し訳なく思っている」と述べました。

「検討会議で今後1年を目途に検討」

そして、「子どもたちに英語4技能を身につけさせることは、これからのグローバル社会に必ず必要で、入試でどのように評価していくのか、できるだけ公平でアクセスしやすい仕組みはどのようなものなのか新しい学習指導要領で初めて実施する令和6年度の大学入試に向けて、私のもとに検討会議をつくって、今後1年を目途に検討し、結論を出したい」と述べました。

また、萩生田大臣は、「多面的、総合的に学力を評価しようとする改革を引き続き着実に進め、来年度から開始する大学入学共通テストの記述式問題の導入など、大学入試改革については円滑な実施に向けて万全を期していきたい」と述べました。

「仕組みを含めて抜本的に見直しを図りたい」

また、「全体的に不備があることは認めざるをえない。延期して課題を検証し、どういった点を改善すれば、皆さんが限りなく平等に試験を受けられる環境を作れるかに注力したい。きょうまで取り組んでいただいた民間の試験団体とは引き続き信頼関係をもって前に進めていきたいが、仕組みを含めて抜本的に見直しを図りたい」と述べました。

“身の丈”発言「直接の原因になったということはない」

記者団から「身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」というみずからの発言が今回の判断に影響したのか問われたのに対し、「私の発言が直接の原因になったということはない」と述べました。