ハロウィーン 渋谷は激しい混雑に トラブルも相次ぎ9人逮捕

ハロウィーン 渋谷は激しい混雑に トラブルも相次ぎ9人逮捕
ハロウィーンの31日夜から1日未明にかけて、東京・渋谷は、仮装した大勢の人たちで混雑してトラブルも相次ぎ、公務執行妨害などの疑いで合わせて9人が逮捕されました。
ハロウィーン当日、東京・渋谷は、スクランブル交差点を中心に、アニメや映画のキャラクターに仮装した人たちで激しい混雑となりました。
警視庁は数百人規模の機動隊で警戒し、一部の道路で車両の通行止めを行うとともに、交差点では「DJポリス」が、横断歩道上に立ち止まらず、速やかに渡るよう誘導しました。

渋谷区では、ことしは駅周辺の路上や公園などでの飲酒を条例で禁止しましたが、終電が過ぎたあとも多くの若者が残る様子もみられました。

仮装姿の20歳の女子大学生は「ハロウィーンの渋谷は初めてでしたが、仮装した人がたくさんいて異次元という感じで楽しかったです」と話していました。

一方で、トラブルも相次ぎました。
警視庁によりますと、スカートの中に手を入れ女性の体を触ったとして18歳の少年が痴漢の疑いで逮捕されたほか、22歳の大学生がけんかの仲裁に入った機動隊員の顔を殴ったとして公務執行妨害の疑いで逮捕されました。

このほか店員に平手打ちをした男やズボンのポケットから財布を抜き取った男などが逮捕され、警視庁によりますと、31日夜から1日朝にかけて、少年を含む9人が逮捕されたということです。

渋谷では明け方になっても多くの人が残り、警視庁が警戒にあたりました。