神奈川県警の24歳巡査を逮捕 特殊詐欺の「受け子」か

神奈川県警察本部の24歳の巡査の男が、うその電話を受けた80代の男性からキャッシュカードを盗んだとして逮捕されました。このカードで現金を引き出したとみられ、警察は特殊詐欺で金品を受け取る「受け子」とみて調べています。
逮捕されたのは神奈川県警第1交通機動隊の巡査、蕪木紀哉容疑者(24)で、警察によりますと先月7日、横須賀市の80代の男性の自宅を訪れ、キャッシュカードを封筒に入れさせて別の封筒とすり替えてキャッシュカード2枚を盗んだ疑いが持たれています。

蕪木巡査が訪れる30分前に男性の自宅には警察官を名乗る男から「逮捕した詐欺事件の犯人があなたの口座から現金を引き出したと言っているので、刑事を向かわせます」などとうその電話がかかっていたということです。

この日の夜に横浜市内のコンビニのATMから男性のキャッシュカードで現金50万円が引き出されていて、防犯カメラの映像などから引き出したのは蕪木巡査とみられるということです。

蕪木巡査はこの日は休みで調べに対し、容疑を認めているということです。警察は特殊詐欺グループで金品を受け取る「受け子」だったとみて詳しく調べています。

神奈川県警の寺澤陽公監察官室長は「言語道断の行為で、被害者をはじめ、県民の皆様に深くおわびします」とコメントしています。