“ヘビメタ動画”で市職員を募集 滋賀 長浜

“ヘビメタ動画”で市職員を募集 滋賀 長浜
k10012158811_201910311753_201910311756.mp4
滋賀県長浜市は採用試験の受験者を増やそうと、職員が作詞・作曲した「ヘビーメタル」の激しい音楽とともに、求める人物像を紹介するユニークな動画を投稿サイト「YouTube」で公開しました。
滋賀県長浜市では民間企業への就職人気を背景に採用試験を受ける若者が年々減少し、今年度の採用試験の受験者は75人と、4年前と比べて半数以下に落ち込んでいます。

このため若者に興味を持ってもらおうと、職員が作詞・作曲した役所のイメージと真逆の「ヘビーメタル」の曲を使った動画を31日から「YouTube」で公開しました。
動画は全部で3分間で、激しいドラムでリズムを刻み甲高い声で叫ぶ歌に合わせてスーツ姿の職員が、踊りながら市役所の仕事をPRしています。

そして「ながはまし」のひらがな5文字になぞらえ、「何事も挑戦積極的にチャレンジする人」や「頑張る気力忍耐強く最後までやり抜く人」など求める人物像を紹介しています。

職員の募集を正式に始めるのは来年3月以降ですが、市は早めに動画を公開して興味を持ってもらいたいとしています。
作曲と歌、動画編集を担当した長浜市地域医療課の上野賢治さんは「今回の動画を制作・公開できたことも、市がチャレンジすることに重きを置いているからだと思う。熱意を持っている人はぜひ受験してもらいたい」と話していました。