12月に新国立競技場完成イベント 桐生ら参加しリレー対決

12月に新国立競技場完成イベント 桐生ら参加しリレー対決
来月、完成予定の新国立競技場で12月に行われるイベントに陸上の桐生祥秀選手などが参加し、リレー対決が行われることになりました。
JSC=日本スポーツ振興センターによりますと、来年の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場は、すでにほぼすべての工事が完了し、来月末に完成する予定です。

新国立競技場では12月21日に一般の人向けに完成を披露するイベントを行う予定で、30日、そのイベントの内容などが発表されました。

それによりますと、国内外からオリンピックやパラリンピックのメダリストなどが参加するリレーが行われるということで、リオデジャネイロ大会の銀メダリストで、100メートルで日本選手初となる9秒台をマークした桐生選手のほか、同じく9秒台の記録を持つ小池祐貴選手、それに、ケンブリッジ飛鳥選手などが参加する予定です。

また、海外からは100メートルなどの世界記録保持者でジャマイカのウサイン・ボルトさんなどが参加することになっています。

具体的なリレーの方法やチーム編成などについては今後、検討するということです。