「チコちゃん」が“女性スポーツアンバサダー”に スポーツ庁

「チコちゃん」が“女性スポーツアンバサダー”に スポーツ庁
k10012156561_201910301147_201910301152.mp4
スポーツ庁が進める「女性スポーツ促進キャンペーン」のアンバサダーにNHKの番組「チコちゃんに叱られる!」のキャラクター、「チコちゃん」が選ばれ30日、任命式が行われました。
30日行われた任命式ではスポーツ庁の鈴木大地長官からチコちゃんに「女性スポーツアンバサダー」の任命書が手渡されました。

スポーツ庁によりますと10代から40代の女性のスポーツに取り組む割合は仕事や家事、それに育児などを理由に男性に比べて低いという調査結果があることから、今回、幅広い年代から親しまれているチコちゃんを通して、女性が取り組みやすいスポーツメニューなどを提案していきたいということです。

アンバサダーに任命されたことについてチコちゃんは「スポーツで体も心も、そして肌も健康になる習慣を身につけてもらえるよう、頑張ります」と意気込みを話しました。

そして、鈴木長官から「いつものひと言を」と促されると、体を動かす大切さに気付いてもらうためあえて言うとしたうえで、「ボーっと生きてんじゃねーよ」という番組でおなじみのフレーズでスポーツに取り組んでほしいという思いを伝えていました。

今後、スポーツ庁では日頃運動に消極的な女性たちが楽しんで体を動かしてもらえるように、人気振付師に振り付けを依頼したダンスも発表するとしています。