萩生田文科相 重ねて陳謝 「受験生などの不安解消に全力」

萩生田文科相 重ねて陳謝 「受験生などの不安解消に全力」
k10012156491_201910301212_201910301218.mp4
大学入学共通テストに導入される英語の民間試験をめぐって、萩生田文部科学大臣は、衆議院の文部科学委員会で「身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」などと発言したことについて、重ねて陳謝したうえで、受験生などの不安の解消に努める考えを示しました。
大学入学共通テストに導入される英語の民間試験をめぐって、萩生田文部科学大臣は、先週、BSフジの番組で「身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」などと発言したことについて29日、発言を撤回したうえで、改めて陳謝しました。

萩生田大臣は、30日の衆議院文部科学委員会の冒頭で、みずからの発言について「どのような環境下にいる受験生でも、自分の力を最大限発揮できるよう、自分の都合に合わせて適切な機会を捉えて、2回の試験を全力で頑張ってもらいたいという思いで発言した」と釈明しました。

そして、「結果として、国民の皆様、特に受験生の皆さんに対して、不安や誤解を与えてしまったと考えている。改めて、この場を借りておわびを申し上げる」と述べ、重ねて陳謝しました。

そのうえで、萩生田大臣は「英語試験の実施団体に対し、需要に応じた会場の確保などを求めるとともに、離島に居住する高校生などが離島外で受験する際の費用の補助経費を概算要求するなど、今後とも、受験生や高校関係者の不安の解消に向けて、全力で取り組んでいきたい」と述べました。

一方、萩生田大臣は、英語の民間試験の実施時期の延期論が政府内で浮上していると一部で報じられたことについて、「文部科学省としては議論を承知していない。いずれにせよ、高校や大学の関係者の合意に基づいた方針によるものであり、受験生は実施を念頭にすでに準備を進めてきていることから、受験生などの不安や懸念をひとつひとつ解消し、2020年度からの円滑な実施に向けて全力で取り組んでいきたいと考えている。政府のどこかで話があるとすれば、確認をきちんとしたい」と述べました。