被害額4億円余 ネットバンキングの不正送金 急増で注意

被害額4億円余 ネットバンキングの不正送金 急増で注意
k10012156161_201910300444_201910300447.mp4
インターネットバンキングの口座から預金が不正に送金される被害が先月から急増していることがわかりました。多くは、携帯電話にうそのメッセージを送り、偽のサイトに誘導して個人情報を盗み取る手口とみられ、警察庁が注意を呼びかけています。
警察庁によりますと、インターネットバンキングの口座から預金が不正に送金される被害は先月、全国で436件と前の月の4倍以上にのぼり、1か月の被害としては2012年に統計を取り始めてから最も多くなりました。

先月の被害額はおよそ4億2600万円と、去年1年間の被害額とほぼ同じになっています。

多くは「フィッシング詐欺」という手口で、携帯電話にショートメッセージが届き指示に従って操作すると偽のサイトに誘導されてIDやパスワードなどが盗み取られ、知らない間に口座から多額の預金がなくなっているというものです。

金融機関が携帯電話にメッセージを送って口座に関する情報を尋ねることはないということで、警察庁は不審なメッセージが届いても入力などをしないよう注意を呼びかけています。