ロシアのサーカス クマが突然 調教師に…

ロシアのサーカス クマが突然 調教師に…
k10012151311_201910261653_201910261654.mp4
ロシアでサーカスの芸を披露していたクマが、突然、調教師に襲いかかって観客席に入り込みました。観客にけがはありませんでしたが、地元当局は安全対策に問題がなかったか調べています。
ロシア北西部のカレリア共和国で23日、サーカスの芸を披露していたクマが、突然、調教師に襲いかかりました。

その時観客が撮影した映像では、大勢の観客が見守るなか手押し車を押していたクマが、突然、調教師の腕にかみつく様子が記録されています。

観客席から悲鳴が上がるなか、クマは調教師を押し倒して馬乗りになって襲い続け、そばにいた調教師がクマを蹴って制止しようとします。

映像はここで途切れますが、地元メディアによりますと、クマはその後観客席に入り込み、電気ショックによりようやく鎮圧されたということです。

観客にけがはなく、襲われた調教師も大きなけがはなかったということです。

しかし、サーカスの会場には舞台と観客席との間に仕切りがなかったということで、地元当局は安全対策に問題がなかったか調べているということです。

ロシアのサーカスはさまざまな動物が芸を披露し人気を集めていますが、飼育環境が劣悪だったり調教が厳しかったりして、動物虐待を指摘する声もあがっています。