“爆速”の男 副知事に転身

“爆速”の男 副知事に転身
めまぐるしく変化するIT業界から、お堅いイメージの“お役所”へーーー
「ヤフー」の社長を務めた宮坂学さん(51)の東京都副知事への転身は周囲を驚かせました。民間出身の副知事は、石原都政時代の作家・猪瀬直樹さん以来です。“爆速経営”で名をはせた宮坂さんが、行政の世界に飛び込んだ真意は何か?就任から1か月、彼の目に都庁はどう映っているのか?話を聞きました。(首都圏放送センター記者 早川沙希)

いきなり!副知事に

8月29日の東京都庁。この日の主役は、小池知事とともに記者会見に臨みました。「ヤフー」の元社長の宮坂学さんは、次世代の通信規格「5G」を普及させるため、東京に世界最速のモバイルインターネット網=“電波の道”を構築する戦略を打ち出しました。

高画質な動画の配信や自動運転、遠隔医療など新しい産業やサービスを支えるインフラをいち早く整備し、都市間競争を勝ち抜くことがねらいです。

これまで何度も中国を訪ね、発展のスピードが強く印象に残っていたという宮坂さん。特命担当の副知事として、5Gの推進を担います。
(宮坂学さん)「今は日本全体で見ても、人口の80%の方がインターネットを使っている。完全に基本的な社会インフラで間違いない。しかも、いちばん大きなビジネスは情報通信、特にインターネットから生まれている。このタイミングでインターネットの基盤をピカピカにしていこうというのが非常に大事だと思っています」

“爆速経営”で多角化推進

宮坂さんは29歳の時に、設立2年目だった「ヤフー」に入社。そして7年前、44歳で社長に就任すると、ヤフーのポータルサイトをスマートフォンに対応させるとともに、通販大手の「アスクル」との資本提携、宿泊予約サイト「一休」の買収と、ネットに関わるさまざまな事業に多角化を推し進めました。

スピード重視の“爆速経営”を掲げ、変化の激しいIT業界で実績を積み上げてきた宮坂さんは「経営幹部の若返りが必要」として、去年、みずから社長の座を退きます。さらに、ことし6月には「ヤフー」を退社。

小池知事のスカウトを受けて、都の参与に就任しました。そして“電波の道”構想を高らかに掲げ、副知事に就任しました。

「デジタル部隊」で逆襲を

小池知事からは、どのように誘われたのですか?
(宮坂副知事)「ヤフーの会長をやめると発表した時、小池知事からすぐ声をかけてもらいました。そして、参与として都庁に来た初日、急に小池知事に呼ばれて『5Gやりたいんだけど、都庁をまとめて』って言われて。それで、『頑張ります!』『2か月で!』みたいな感じで。私自身も危機感がちょっとありました。この街(東京)はもっとよくできると思いますし、今やらないと。自分の力でどこまでやりきれるか分かりませんが、やらずに文句ばかり言ってもしょうがないんで」
朝から晩まで都庁の業務のレクチャーを受け、みずからの知識と経験を生かせる場を探す日々。「都庁の中では新入社員。ヤフーの新人時代より働いている」と語る宮坂さんが取り組んでいるのは、一緒に動く「デジタル部隊」の編成です。
(宮坂副知事)「いろいろ調べているんですが、世界の主要都市にはデジタル専門部隊が1000人はいます。一方、東京都は水道や道路みたいなインフラの裏側にはすばらしい部隊があるんですが、デジタルには、同じようなものがないんです。都庁の中に“デジタル部隊”という組織を作り、伝統みたいなものを作っていくことがすごく大事で、これが残せれば、ずっと使えます」
宮坂さんによると、例えば、シンガポールにはIT部門に携わる行政職員がおよそ2600人いて、外国からも人材を採用しているそうです。これに対し、東京都のIT関連職員は100人程度。世界の大都市に比べて、IT分野の人材獲得で後れを取ってるのが実情です。

“爆速経営”の本領発揮か、都は早速動きました。10月、デジタル技術に詳しい人材を、2年間の任期付きの管理職として10人程度募集。さらに、2021年度の採用からは都の職種の中に、土木や建築などに加えてITも設けることを検討しています。“デジタル部隊”の構築による東京の逆襲が始まろうとしています。

チャレンジャーが集まる街に

この“デジタル部隊”を率いて、宮坂さんが実現したいことは大きく3つあります。
1 どこよりもネットがつながりやすい街
2 「5G」を基盤にした新たなサービス
3 都庁のネット環境改善による行政改革
こうした構想の実現に向けて、都は、公共施設や都営地下鉄の駅などを5Gの基地局として使えるようにするほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて都庁のある新宿駅西口や新国立競技場の周辺などを5Gの実証実験の場にする計画です。また、ことし11月には、携帯大手4社のトップを集め、5Gのネットワークをどう構築していくか、意見を交わす予定です。

インタビューの最後に、5Gによって東京の街をどう変えたいかを聞きました。
(宮坂副知事)「iPhoneが出た時、世の中がどう変わるかってうまく説明できなかったけれど、いっぱいアプリ出てきたじゃないですか。インターネットができた時も、将来こんな風に使うって言っていたけど、あんまり当たらなくて。大事なことは、インフラはとにかく大きく変わる瞬間にドーンと勝負する。その後、新しい企業が、LINEとかインスタグラムとか(新たなものを)生み出すわけです。インフラを整備して、彼らにチャンスを与える。チャレンジャーが集まる街にしていくことが大事だなと思っています」

“お役所”を変えられるか

宮坂さんが副知事に就任後、NPOが開いたイベントで講演する機会がありました。私も顔を出してみたところ、休日にもかかわらず、宮坂さんの話を聞きたいと自発的に訪れた都の職員の姿がありました。

副知事就任から1か月の間に、幅広い部署の職員から「こんな取り組みをしたい」という提案が寄せられ、手応えも感じ始めているといいます。場合によっては、交流のあるベンチャー企業との間を取り持って、新たなサービスや産業を生み出したいとも考えています。

都庁に来たことを「未踏峰に登る感じ」と語る宮坂さんが、都庁を、そして東京をどう変えていくのか。“爆速”に振り落とされずに、見つめ続けたいと思います。
首都圏放送センター記者
早川沙希
平成21年入局
新潟局、名古屋局を経て、現在都庁担当。