喫茶店に高齢ドライバーの車突っ込み9人けが 愛知 あま

喫茶店に高齢ドライバーの車突っ込み9人けが 愛知 あま
k10012146381_201910241306_201910241308.mp4
24日午前、愛知県あま市で喫茶店に車が突っ込み、中にいた客9人が重軽傷を負いました。警察は運転していた75歳の男のドライバーをその場で逮捕し、アクセルとブレーキを踏み間違えたとみて詳しい状況を調べています。
24日午前10時すぎ、愛知県あま市丹波深田の喫茶店「珈琲庵」で「店舗に車が突っ込んだ」と警察に通報がありました。

警察によりますと、店に車が突っ込んで外壁やガラスなどが壊れ、中にいた客の男女合わせて9人がけがをして病院に運ばれました。

このうち70代と80代の女性2人が骨を折る大けがをしたということです。

警察は車を運転していた75歳の男のドライバーを過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し「何でこうなったか覚えていない」と供述しているということです。

警察によりますと、当時、店には40人近くの客がいて満席の状態で、警察は目撃者の話などから、車がバックしながら駐車しようとして突然前進し、店に突っ込んだと見ています。

現場はあま市役所から西に500mほどの、店などが建ち並ぶ場所で、警察はアクセルとブレーキを踏み間違えたとみて詳しい状況を調べています。
喫茶店の店長は「当時、店内は席が空くのを待っている人がいるほど満席でした。車が突然、店の窓や壁を突き破って中に入って来たので悲鳴が上がり、衝撃で机とカウンターの間に挟まれた人がいたほか、ガラスで足を切って出血した人もいました。窓側のベンチシートに座っていた人たちがいちばん被害が大きく、ドライバーは、ぼう然とした様子でした」と話していました。